• 2021.11.22
  • ニュース・トピック

兵庫県 令和3(2021)年度 航空産業非破壊検査トレーニングセンターの受講募集(令和3年度 第2回)のご案内<最終締切:12/13>

「兵庫県 令和3(2021)年度
 航空産業非破壊検査トレーニングセンターの受講募集
(令和3年度 第2回)」
 のお知らせ

 
 

兵庫県では、航空機産業における非破壊検査員養成のため、
国際認証規格(NAS410)に準拠した国内初の訓練機関となる
「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」を
平成29 (2017)年度に開設しました。
 
このたび、下記により、同センターで実施する
「浸透探傷(PT)」及び「磁粉探傷(MT)」
の講習(令和3年度 第2回)の受講者を以下の通り募集します。
 
【 開催概要 】
・講習内容:
  浸透探傷(PT)[2回目]:
   基礎講習:
    期間: 令和4(2022)年2月21日(月)~2月25日(金)
    料金: 235,000円
    定員: 5人
   応用講習:
    期間: 令和4(2022)年3月07日(月)~3月09日(水)
    料金: 141,000円
    定員: 5人
 
  磁粉探傷(MT)[2回目]:
   基礎講習:
    期間: 令和4(2022)年2月28日(月)~3月04日(金)
    料金: 380,000円
    定員: 5人
   応用講習:
    期間: 令和4(2022)年3月14日(月)~3月16日(水)
    料金: 290,000円
    定員: 5人
 
・実施場所: 航空産業非破壊検査トレーニングセンター
       (兵庫県立工業技術センター内)
       兵庫県神戸市須磨区行平町3-1-12
 
・募集期間: 令和3(2021)年11月22日(月)~12 月13 日(月)
 
・特記事項: 基礎講習:JIS Z 2305[Leve1 1・2]準拠
       応用講習:NAS 410[Leve1 1・2]準拠
          ただし、NAS 410 に基づく試験の受験には、
          本講習の受講後に発行される「訓練実施記録」に加え、
          「OJT(経験)記録」、「視力要求事項」等の
          証明書が必要となります。
       上記受講料のほか、講習に使用する書籍(別途指定)の購入が必要です。
       「基礎講習のみ」、「応用講習のみ」の受講も可とします。
          ただし、応募者多数の場合は、
          基礎・応用講習を通して受講される方を優先することがあります。
       受講希望者が少なかった場合、講習を開催しない場合があります。
 
・募集要件: 対象は、航空機産業における非破壊検査員の確保が必要な中堅・中小企業等。
      「応用講習のみ」の申込みは、
       次のいずれかの要件を満たす方に限ります。
       (1)受講する非破壊検査方法について、
          JIS Z 2305 レベル2 の資格を有していること。
          JIS Z 2305 と同等の資格として、
           ASNT(米国非破壊試験委員会)のACCP 資格 又は
           BINDT(英国非破壊試験協会)のPCN 資格(航空宇宙セクター以外)
          も可。
       (2)受講する非破壊検査方法について、
         (一社)日本非破壊検査協会の定める
          JIS Z 2305 レベル1  及び レベル2 の訓練に係る
          訓練証明書を有していること。
          * NAS 410 の受験申請時に提出する訓練証明書の
            有効期間は、3年間です。
       詳細は、添付チラシ および ホームページをご覧ください。
 
・お申込先: 兵庫県立工業技術センター ウエブサイトからお申し込みください。
       URL:<https://www.hyogo-kg.jp/about/koku>
       詳細は、添付チラシ および ホームページをご覧ください。
 
       チラシ01:01 募集案内(R3第2回PT・MT募集)
       チラシ02:02 非破壊トレセン講習案内チラシ
 
・受講決定: 応募者多数の場合は選考により決定します。
       基礎・応用講習を通して受講される方を優先することがあります。
       受講決定にあたり、募集要件に示す
        (1)JIS Z 2305の資格証明書 又は
        (2)JIS Z 2305の訓練証明書
       の写しを提出いただきます。
 
・支援制度: 人材開発支援助成金(対象:全企業)
        厚生労働省の「人材開発支援助成金(経費助成、賃金助成)」の
        活用が可能な場合があります。
        詳細は各都道府県のハローワークにお問い合わせください。
       【補助上限】
         経費助成:1社あたり上限7万円~50万円
              (助成率30%~60%)
         賃金助成:訓練時間数×380円~960円、
              上限1,200 時間~1,600 時間
       *上限額・助成率は、利用コース、企業規模により異なります。
 
       *支援制度を設けている自治体もございます。
        適宜、各自治体にお問い合わせください。
 
・関連情報: NAS 410 に基づく非破壊試験技術者認証に係る資格試験を
       受験しようとする者は、当講習とは別に、受験申請までに、
       所定の時間数のOJT(経験)を積む必要があります。
       ・最初の講習後、1年以内に認証を受けていない者は、
        受験前に
        リフレッシュ訓練(別途募集:有料)を受ける必要があります。
       ・レベル2 の資格試験に不合格となり再試験を受験する際には、
        不合格となった受験パート(専門試験・実技試験)について
        再訓練(別途募集:有料)を受ける必要があります。
       ・令和4(2022)年度資格試験は、
        航空産業非破壊検査トレーニングセンターで、
        6月、12月に実施する予定です。
       ・試験制度の詳細は、NANDTB-Japan のHPを参照願います。
        <http://www.jsndi.jp/nandtb/>
 
・問合せ先: 次のそれぞれの機関にお問い合せください。
   (A)航空産業非破壊検査トレーニングセンター全般に関すること
        兵庫県 産業労働部
        産業振興局 工業振興課 ものづくり支援班
        TEL: 078-362-4159
 
   (B)受講者募集に関すること
        航空産業非破壊検査トレーニングセンター
        (兵庫県立工業技術センター内)
        TEL: 078-731-4033
 
   (C)NAS410 に基づく
      非破壊試験技術者認証制度の全般に関すること
        NANDTB-JAPAN 事務局
        (一般社団法人 日本非破壊検査協会)
        TEL: 03-5609-4014
 
   (D)NAS 410 資格試験に関すること
        (一般社団法人 日本非破壊検査協会)
        TEL:03-5609-4014
 
   (E)人材開発支援助成金に関すること
        各都道府県のハローワーク
       (厚生労働省 ウエブサイト)
        https://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html